21日目

ファイナンシャルプランナー3級の試験日。

受験者数は年間10万人超えのようだが、

年3回試験があるので今回は全国で3~4万人ほどか。

受験者の年齢は若く、20代や大学生らしき人たちが散見される。

女性も多く、比率は半々くらいだろうか。

 

会場の雰囲気は緩い。この雰囲気は合格率や難易度に比例するもので、

困難な試験ほど、会場はピリついているが、3級の会場ではこれから

講義が始まる前のような、日常の延長のような空気感が漂っている。

といっても、試験なので熱心に参考書を読んだり電卓をたたく人も多い。

 

午前の学科試験は60問あるが、うち30問は2択問題で

問題文も短いので時間は有り余る。

ほとんどの人が45分くらいで終わっており、開始1時間から

会場を出ることができるので皆出ていく。

途中退出の場合でも問題集は持ち帰ることができる。

時間はたくさんあるので、電卓忘れてもなんとかなる。

電卓はあんまり使う場面がなかったな。持ってきてると楽、くらいなもん。

 

僕も1時間で退出して、午後の実技試験まで2時間半もあったので

時間つぶしに苦労した。今日、もっとも困ったのはこれくらいか。

午後からの試験も実技といいつつ、3択の択一式なので午前の学科試験と

大して変わり映えはしない。これも時間に追われることはないので、ゆっくり落ち着いてできるだろう。 

2級になると数字書いたりするようなので、しっかり計算できないといけないみたい。

 

その日の午後5時半から回答が公式HPにアップされるので点数はその日にわかる。

6割以上をとれば合格ラインのようなので、その時に合否もほぼわかるみたい。

でもギリギリな点数の僕は、合格しましたと言われるまで安心はできないなー

 

彼女も同じ日の試験を受けた。これから電話して聞いてみよう。