22日目

世の中にはなぜか不運ばかり重なる人とかラッキーなことばかり続く人がいるが僕は運のいいほうだと思う。つらいことや苦しいことはあったが、相対的に見てみると信じられない不運もなかったし、先天的なものを背負ってることもない。これからもなんだかんだいって、そこそこの人生を歩んでいくんだろうな、という名状しがたい自信がある。このわけのわからない思い込み、ポジティブさこそが、不運を呼び寄せないんだろうなとも思う。意思の力ってすごいからね。  ただ、僕は思い込みとかポジティブとは思ってないんだな。ただそうなる、それを知っている。そういう感覚です。